軍師・三森の観察眼 藤本監督「大ファインプレー」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-0西武(26日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの三森が見事な観察眼で白星に貢献した。

 5回1死一塁の守備。二盗を仕掛けた金子対し、二塁ベースカバーに入りタッチ。判定はセーフとなったが、ベンチにリクエストをするように要求した。藤本監督がリクエストをすると、勢い余った金子の足が二塁ベースから離れており、判定がアウトに覆った。

 8回には1死一塁から外崎の左翼フェンス際への大きな飛球。グラシアルが捕球すると、一走のオグレディが二塁ベースを越えた後、二塁ベースを踏まずに一塁へ帰塁。アピールプレーでアウトとなった。

 藤本監督は「三森が見るところでしっかり見ていましたね。あの盗塁のところもね。三森の大ファインプレー。状態もいいし、そういうところに目が行くようになっている。試合の中村晃で余裕が出てきたんじゃないかな。いい選手は試合の中で遊び心も出てくる。いい余裕だったと思う」とたたえた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ