打ちまくって優勝の神村学園 冬練はほぼ打撃 高校野球九州大会

西日本スポーツ

 高校野球の春季九州大会(第150回九州大会)は最終日の30日、宮崎市のひなたサンマリンスタジアム宮崎で決勝を行い、神村学園(鹿児島)が西日本短大付(福岡)を8-4で破り、2017年春以来10季ぶり4度目の優勝を飾った。

 神村学園は初回に富崎大都(3年)の2点内野安打で先制するなど、初戦から好調な打線が力を発揮。先発全員の15安打を放った。西日本短大付は中盤で一時1点差に追い上げる粘りを見せたが、19年春以来の優勝はならなかった。

 

 破壊力抜群の神村学園打線は、決勝でも勢いが止まらない。4番花倉凪海(同)のソロ1本を含む15安打で8得点。1点差に迫られた直後の5回にも3安打2得点ですぐに突き放した。先発全員安打を記録し、全員が一本の線になって打ちまくった。「出来過ぎです。冬場に頑張ってきたことを全て出せた。目標の九州大会優勝を達成して100点満点」と小田大介監督は選手たちをたたえた。

 今大会、神村学園打線のすさまじさは群を抜いていた。4試合で55安打36得点。唯一の接戦は選抜大会8強の九州国際大付を3-2で破った準決勝。それでも9安打を放ち、福岡県出身の左腕内堀遼汰(同)を援護していた。

 昨秋は鹿児島大会2回戦で鹿児島商に2-5で敗れた。「打てないし、走れないし、守れなかった」と小田監督は苦い記憶を思い出す。冬の練習は、ほとんど打撃に費やした。「みんなでこうした方がいいとか、話し合いながらバットを振りました」と福寿大智主将(同)。ひたすらバットを振り込み、10季ぶりの九州王者という結果につなげた。「打撃ではどこにも負けない自信があります」。初回に先制2点打を放った富崎は胸を張った。

 一つの目標は達成したが、あくまで夏への通過点。「この経験を夏に生かすために前を向いて行きたい」と小田監督は誓う。チームは試合会場の宮崎から、そのまま関西遠征に出発。夏に向けて歩みは止めない。(前田泰子)

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング