また有望株、王会長、城島アドバイザーも英才教育する4年目捕手

西日本スポーツ

 4年目捕手の渡辺が、攻守で成長ぶりを示した。1日のウエスタン・阪神戦で4回に中前打を放つと、6回1死一、三塁では左腕岩田から左前適時打をマーク。4試合連続フル出場中で、特に阪神3連戦では初めて1カード全試合のリードを任された。「3試合分の打席を考えて配球をしないといけない。(経験して)少しは自信になった」。打撃では王会長、守備では城島球団会長付特別アドバイザーから英才教育を受けている。

 小久保2軍監督も「(甲斐)拓也を押しのけるくらいの気持ちで取り組んでいる」と期待。1軍初昇格へ順調に進化を続けている。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ