西武・川野と高山打撃コーチがコロナ感染、松井ヘッドも自宅待機

西日本スポーツ

 西武は4日、川野涼多内野手と高山久打撃コーチの新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日に呉念庭内野手の感染が確認され、球団は3日にスクリーニングのためのPCR検査を実施。同日の試合後に2人の陽性が確認された。川野は感染拡大防止特例の対象選手として4日に出場選手登録を外れ、代替選手で熊代聖人外野手が登録された。
 高山コーチは発熱しているが、川野は無症状。濃厚接触者はいないが、球団独自のルールで松井稼頭央ヘッドコーチが3日間の自宅待機となった。球団によると3日の試合後、居残りで守備練習した川野に付き添っていたため。チーム活動に支障はなく、4日のロッテ戦(午後1時、ベルーナドーム)は予定通り行われる。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング