「ノーギャラで来ました」小柳ルミ子のサッカー愛に周囲あ然 福岡―湘南戦の試合前トークショーに登場

西日本スポーツ

 ◆明治安田生命J1第12節 福岡-湘南(7日、ベスト電器スタジアム)

 試合前に歌手でサッカーフリークで知られる小柳ルミ子さんがトークショーを行った。福岡市出身の小柳さんは今季から福岡のサポーターになることを宣言。湘南戦のトークショーは「ノーギャラで来ました」と話し、「アビスパ愛」を熱く語り始めた。

 昨季までJリーグに応援するクラブはなかったという小柳さんだったが、「なんで福岡出身の私がアビスパを応援していなかったんだろう」と注目し始めた。

 司会で25年以上にわたってクラブを応援するお笑い芸人ケン坊田中さんに「時間がかかりましたね」と突っ込みを入れられたが、「愛」は本物。ネット配信などで「年平均2000試合を見る」と話し、周囲をあ然とさせた小柳さんは5-1で快勝した前節のFC東京戦に「あれができるんだったら、何で今までやらなかったの」と、ここまで得点力不足に悩んでいただけに厳しい指摘。特にサイドバックの前嶋のロングフィードから山岸がDFラインの裏に抜け出してゴールを決めた場面に、「ああいう引き出しを持っていないといけない」と訴え、「(福岡を語ると)9時間ぐらいかかる」と話した。

 もっとも、サッカーが好きになるきっかけをつくったメッシ(パリ・サンジェルマン)を語り始めると、さらにヒートアップ。「メッシを語ると10時間ぐらいかかる」とサポーターを笑わせた。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング