【動画あり】「最高かよ」雨天中止もソフトバンク西武両軍の体張ったファンサービス合戦にファン歓喜

西日本スポーツ

  10日に宮崎市のひなたサンマリンスタジアム宮崎で予定されていたプロ野球のソフトバンク―西武は、雨のため中止となった。夕方になって雨が激しなり、午後5時半過ぎに中止が発表された。ソフトバンクは雨天での試合中止は今季初めてで、西武の試合中止は今季初めて。

 中止決定をスタンドのファンは残念がったが、雨の中でも球場に駆けつけたファンを両軍の若手選手が体を張った「プレー」で盛り上げた。

 まずはソフトバンク3年目捕手、海野がグラウンドに登場すると、ホーム後方から芝生部分を全力疾走。一塁、二塁、三塁付近で足からスライディングすると、最後はバックネット付近で豪快なヘッドスライディングを決めた。これにはソフトバンクベンチで柳田らナインが爆笑。西武ベンチからも山川が指笛で海野のハッスルをたたえた。その後、対する西武は山野辺と山田の若手2人が登場。2人揃って芝生ゾーンではなく土部分でヘッドスライディングを決めながらダイヤモンドを一周すると、最後はホーム付近にヘッドスライディング。最後は全身泥だらけで、ソフトバンク松田のパフォーマンス「熱男!」を披露すると、両軍のベンチは大爆笑に包まれた。

 この模様を「パーソル パ・リーグTV」が公式YouTubeに「【宮崎は雨…】『泥んこヘッスラ』ダイジェスト」と題して動画をアップすると、両軍のファンからは「両チームの泥んこヘッスラで心は晴れました」「お互いのチームがこう言うことするの好き」「山田と山野辺 ホームゲームじゃないのに 盛り上げてくるなんて最高かよ」と、中止を残念がるファンを喜ばせた若手の「ハッスルプレー」をたたえる声が寄せられていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ