国内女子ツアー出場前に悔し涙 高校2年の荒木「力んで自分のスイングが」

西日本スポーツ

 アマチュアゴルフの九州女子選手権は12日、福岡県宗像市の玄海GC(6457ヤード、パー72)で最終日があり、福岡・沖学園高1年の藤本愛菜(ミッションバレー)が通算6アンダーの210で初優勝した。2日目まで首位タイだった宮崎・日章学園高2年の荒木優奈(グリーンランドリゾート)が同3アンダーの213で2位だった。今大会の上位17人は、6月に岐阜で開催される日本女子アマ選手権に出場する。

 2位の荒木優は悔し涙が止まらなかった。優勝した藤本と首位で並び、最終組でスタート。パーで滑り出した1番で藤本がバーディーを奪って先行され、苦しい展開となった。

 「リードされていたこともあって、力んで自分のスイングができなかった。途中でうまく修正もできなかった」。13日からは、福岡市で開催される国内女子ツアー「ほけんの窓口レディース」に出場する。「気持ちを切り替えてやっていく」と力を込めた。

PR

ゴルフ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング