藤本監督「3人でポンポンって」 大関にあえて注文

西日本スポーツ

 ◆日本ハム2-0ソフトバンク(14日、札幌ドーム)

 ソフトバンクの大関は3回、下位打線に連打を浴びて2死一、二塁のピンチで、高めに浮いたフォークを今川に痛打された。打球は左翼手グラシアルの左を転々とし、走者2人が生還。先制点が決勝点となった。

 藤本監督は「ゲームは作ってるんで問題ないと思う」と及第点を与えた上で、「テンポ、リズムのところが悪いかなというところがある。野球には流れがあるんで、テンポよく3人でポンポンって(ベンチに)帰ってくることもやってかないと」と注文を付けた。

 左腕も「チームに流れを持ってくる投球ができなかった」と反省を口にした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ