小久保2軍監督、2年目野手に試練のサイン「1軍への道」 10回「あえてプレッシャー」

西日本スポーツ

 ソフトバンクの小久保2軍監督が14日、ウエスタン・阪神戦(鳴尾浜)の10回1死一、三塁の勝ち越し機で、2年目の川原田にセフティースクイズのサインを出した。

 「打たせてもいい場面。でもそれだったら“打つか、打たないか”だけになる。川原田はプッシュとかセーフティーとか、バントを操れなければ1軍への道はないですから」と意図を説明。走者警戒で前進できない一塁手に捕らせるバントを行うのがセオリーだが、バントは強めの当たりとなって投手ケラーに捕られ、三走は本塁でアウト。試合は1-1で終わった。

 「こういうのはゲームでないとできないし、あえて川原田にプレッシャーがかかるように」と小久保2軍監督。勝敗も大事だが、それ以上に重要な“実戦教育”の場でもある。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ