BTS嘉麻10周年 19日から芦屋で記念レース開催 舟券発売新システム稼働中

西日本スポーツ

 芦屋ボートの全レースをはじめ、全国各場のレースを発売する場外舟券発売場「ボートレースチケットショップ(BTS)嘉麻」(福岡県嘉麻市)が、19日に開設10周年を迎える。その節目に合わせて、BTS嘉麻のキャンペーン隊が16日、西日本スポーツを訪れ、一行を代表して、以前に所長も務めた中野正樹さんが「ファンの皆さまの支えのおかげで10年を迎えられた。今では地元にも浸透し、非常にありがたい」と感謝の言葉を述べた。

 BTS嘉麻は2012年5月19日、「ミニボートピア嘉麻」としてオープン。県南部の筑豊・筑後地区で唯一の場外舟券発売場としてファンの支持を集め、発売するレース場も当初の一日最大4場から、今では最大8場まで拡大した。

 昨年11月には新しい舟券発売システム「bleble」(ブルブル)を導入。スマートフォンのアプリをマークカード代わりに舟券が購入できて省資源化が図れるのと同時に、ネット投票とは違い、舟券を握りしめながら応援できる臨場感は変わらずに味わえる。

 芦屋ボートでは、ちょうどオープン10周年の19日から24日までの6日間、「BTS嘉麻開設10周年記念」を開催。地元福岡支部の枝尾賢、松崎祐太郎、塩田北斗、石倉洋行、中田達也らを中心に熱戦を展開する。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング