柔道世界選手権4度出場の佐藤が引退、五輪届かずも「私自身を褒めてあげたい」

西日本スポーツ

 コマツ女子柔道部は17日、世界選手権に4度出場した女子78キロ級の佐藤瑠香(30)の引退を公式サイトで発表した。

 福岡県中間市出身の佐藤は高い身体能力から繰り出す足技が武器で、八幡工高(福岡)1年時と3年時に全国高校総体で優勝。卒業後にコマツへ入社すると2010年の世界選手権で無差別級に出場し、13、14、17年は78キロ級で出て17年の5位が最高だった。18年にはジャカルタ・アジア大会で優勝した。

 五輪代表の有力候補に名を連ねていた一方で度重なる脚のけがに悩まされ、12年ロンドン五輪は緒方亜香里、16年リオデジャネイロ五輪は梅木真美、21年東京五輪は浜田尚里と同じ九州出身のライバルに阻まれて涙をのんだ。

 佐藤は公式サイトに「皆様への感謝の想いをオリンピック金メダルという形にしたい。ただ、その一心で沢山の怪我や辛いことにも耐えてきました。夢を叶えることができず柔道人生を終えますが、24年間の柔道人生、そして16年間全日本強化選手として頑張り続けた私自身を褒めてあげたい」とのコメントを掲載した。

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング