9回に意地の逆転劇 窮地から5得点 連敗止めた

西日本スポーツ

 ◆西武1-5ソフトバンク(17日、那覇)

 ソフトバンクが9回に意地の逆転劇を見せ、連敗を3で止めた。

 8回に先制点を許した直後の9回、先頭の代打デスパイネが四球で出塁。続く牧原大の死球で無死一、二塁となり、柳田が同点適時打を放つと、グラシアルも勝ち越しの右前適時打。さらに3点を重ねて、一気に突き放した。

 先発の東浜は地元沖縄で白星こそ付かなかったが、7回無失点と好投した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ