西武、悪夢の逆転負け 辻監督、平良の9回起用に言及

西日本スポーツ

 ◆西武1-5ソフトバンク(17日、那覇)

 3年ぶりの沖縄主催試合で、西武が「悪夢の9回」を味わった。

 1点リードの最終回だ。同じ沖縄県出身の先発与座の後を受けて登板した平良の制球が乱れた。先頭の代打デスパイネに四球で、牧原大には死球。無死一、二塁として柳田に同点打を浴びた。

 さらにグラシアルには右前へ運ばれて勝ち越しを許したほか、味方の失策も絡んだ。この回途中で交代した平良は自責は2ながら自己ワーストの5失点。辻監督も「(先頭の)四球と死球は痛かったね」と連続四死球を悔やんだ。抑えの増田ではなく平良を起用したのは「展開的に(8回に)点が取れなかった場合もあるから。平良が(肩を)つくっていたので」と話した。

 試合前まで自責ゼロと、抜群の安定感を誇っていた剛腕が打ち込まれた。辻監督は、8回に3番外崎の先制打が生まれた直後の場面も”遠因”とみる。2死一、三塁からの外崎の右前打。一走金子は三塁を大きく回った後、三塁に帰塁を試みたが走塁死となった。

 辻監督は「あそこでどういうことが起こったのか。走塁ミスがあって、後になってみると、流れが向こうに行ったのかなと。次(打者)が山川だっただけに痛かった」と肩を落として振り返り、4番の前で追加点のチャンスを逸したことを悔やんだ。(山田孝人)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング