「頭一つ出てくれた」藤本監督

西日本スポーツ

 ◆西武1-5ソフトバンク(17日、那覇)

 -8回から試合が動いた。

 2回1死三塁で迎えた柳町の打席で1点欲しかった。1点を取れる打撃をしないと。与座も良かったけど、前回も抑えられた。2回目なんで、何とか先に点を取って東浜に勝ちをつけたかった。

 -8回2死一塁、甲斐に代打を送る判断は。

 得点圏なら(代打を)いっていた。走者一塁なら(得点には)2安打必要。外野の守備を見たら、前に来ていない。一塁なら来ないよ。得点圏なら来るけど。そこは考えていた。

 -先発の東浜が好投。

 本当、立派。ここ3試合いい投球。石川が少し状態が悪い中、頭一つ出てくれた。これを続けてくれたら、それだけの勝ち星がついてくるんじゃないかな。

 -交代時期の判断は。

 中5日だから100球くらいでやめようと言っていた。本人も任せますと言っていたのでやめた。

 -8回に先制された直後、三塁で走者を刺したのは大きかった。

 結果的に良かったよね。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ