ソフトバンク、ドミニカ出身160キロ右腕を育成で獲得

西日本スポーツ

 ソフトバンクは18日、ドミニカ共和国出身の右腕、ルイス・ロドリゲス投手(20)を育成選手として獲得したと発表した。背番号は156。

 プロ経験はないものの、182センチ、90キロの体格から繰り出す最速160キロを超す直球、スライダー、シンカーを操り、同国内では注目のアマチュア選手だという。6月上旬に来日し、入団会見を行う予定。

 ロドリゲスは球団を通じて「日本でプレーする機会を与えてくれたソフトバンクホークスに心から感謝しています。プロ野球選手になる夢がかなって本当にうれしいです。これからさまざまなことを日本で学んで、一日も早く1軍で活躍できるよう頑張ります」とコメントした。

 ソフトバンクは今季から3軍制を拡大し、中南米をはじめ世界中から有望な若手選手を獲得する方針。今季はすでに4人の外国人選手が育成選手として入団している。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ