【動画】「伸びエグ」「肩がヤバい」美技であらためて示されたソフトバンク今宮の「鬼肩」に注目集まる

西日本スポーツ

 ◆西武―ソフトバンク(18日、那覇)

 5年連続ゴールデングラブ賞経験もあるソフトバンクの名手・今宮が、美技を披露した。

 初回1死で、西武金子が放った中前へ抜けそうな打球を瞬時の打球判断と素早い動きで捕球すると、勢いを保ったままクルッと回転し一塁へ送球。二遊間の深い位置での捕球だっただけに微妙なタイミングかと思われたが、伸びのある力強い送球が一塁手・中村晃のミットに収まりアウトとなった。

 この模様を「パーソル パ・リーグTV」が公式ツイッターで「クルッと回って一塁へ 福岡ソフトバンク #今宮健太 選手が華麗な守備を披露!」と題して紹介すると、ファンからは「送球のノビえぐ」「金子なら内野安打になっても良い打球なんだけど」「相変わらず肩がヤバい!」などの声が寄せられ、大分・明豊高時代には投手として154㌔も計測した「鬼肩」にあらためて注目が集まっていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ