西武3連敗 再び借金1 終盤好機でバント失敗…

西日本スポーツ

 ◆西武2-3ソフトバンク(18日、那覇)

 西武は3連敗を喫し、再び借金生活に入った。

 先発のドラフト1位ルーキー隅田は6回で6安打を打たれたが2失点で試合をつくった。勝ち負けはつかず「今日はピンチを多くつくりながらも6回まで何とか粘れたことは良かったです。ただ(初回に先制打の)グラシアル選手にも(5回に適時打の)中村選手にも、入りのストレートを捉えられてしまいました。集中して投げてはいるつもりですが、もっと厳しく攻めるべきところでした。ほんのわずかな差なのですが、少し内に球が入ってしまっただけで打たれてしまうので、その点は改善したいです」とコメントした。

 打線は2点を追う6回に山野辺の左翼への適時二塁打と愛斗のセーフティースクイズで追い付いたが、7回に2番手の水上が柳田に勝ち越し打を浴びた。

 攻撃では7、9回に先頭打者が出塁しながら、いずれも次の打者がバントを失敗したのが響いた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング