ソフトバンク上林アキレス腱断裂で手術へ

西日本スポーツ

  ソフトバンクの上林誠知外野手(26)が、アキレス腱を断裂していたことが19日、分かった。近日中に手術を行うとみられる。

 上林は18日西武戦(那覇)の試合前シートノックで打球を処理した際、異変を感じその場に座り込むと、一度は立ち上がったものの、再度座り込む形に。その後自力で歩くことができず、担架でベンチ裏に運ばれた。場内も騒然となり、ナインも心配そうな顔で見守っていた。上林は一度は7番中堅でのスタメン出場が発表されていたが、柳町と入れ替わった。同日に那覇市内の病院で検査を受け、右足のアキレス腱(けん)損傷と診断されたと球団は発表していた。

 9年目の上林は今季規定打席には届いていないものの、33試合に出場して打率3割1厘、1本塁打、12打点と好調。チームの外野陣では開幕直後に栗原が左膝前十字靱帯(じんたい)断裂などの重傷を負い今季絶望の見込みとなっている。上林の全治期間は未定だが、首位に2ゲーム差の2位につけるソフトバンクにとって、栗原に続く痛すぎる長期離脱となる。

 

 

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ