アキレス腱断裂したソフトバンク上林、登録抹消 近日中に手術へ

西日本スポーツ

 ソフトバンクの上林誠知外野手(26)が19日、出場選手登録を抹消された。

 上林は18日西武戦(那覇)の試合前シートノックの際に転倒。自力で歩くことができず、担架でベンチ裏に運ばれた。同日に那覇市内の病院で検査を受け、右足のアキレス腱(けん)損傷と診断されたと球団は発表。アキレス腱(けん)を断裂しており、近日中に手術を行うとみられる。

 上林は西武戦の試合前に中堅でシートノックを受け、送球しようと右足を踏ん張った際に足に力が入らず転倒した。担架で運ばれると、場内も騒然となり、ナインも心配そうな顔で見守っていた。一度は7番中堅でのスタメン出場が発表されていたが、柳町と入れ替わった。

 また田浦も出場選手登録を抹消された。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ