ソフトバンク周東1軍昇格へ光 小久保2軍監督「走塁面の不安がなくなればすぐ推薦」

西日本スポーツ

 右肩手術からの復活を目指すソフトバンクの周東について、小久保2軍監督は「走塁面の不安がなくなれば、すぐに(1軍に)推薦します」と語った。

 4月に実戦復帰した周東は、故障の原因となった手からの帰塁を11日のウエスタン・広島戦(タマスタ筑後)で解禁。20日の同・中日戦(ナゴヤ)からは先発出場を増やし、実戦を通じて盗塁、走塁の感覚を磨く。

 打撃は2軍で打率3割8分9厘と好調で、守備は本職の内野だけでなく、左翼でも出場。19日の練習でも外野でノックを受けた。上林の長期離脱が避けられない中、2020年の盗塁王に期待がかかる。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ