アビスパ福岡21日「ほこたて対決」21年ぶり横浜M戦勝利へ「力入る」

西日本スポーツ 向吉 三郎

 J1アビスパ福岡が21日のホーム横浜M戦(午後7時キックオフ)でJ1最強の守備からの一撃を狙う。リーグ最少9失点の福岡と同最多26得点の横浜MというJ1屈指の“矛盾”対決。長谷部監督は「守らざるを得ない力関係でしょうが、攻撃の回数、時間をできるだけ増やしたい」と堅守で耐えて攻撃に転じる展開を思い描く。

 そのために「5得点フィーバー」を忘れる。福岡は3日のホームFC東京戦に5-1で大勝したが、その後ルヴァン・カップも含め、公式戦3試合連続無得点。長谷部監督は「できる限り0点、1点に抑えて、1点、2点取れるように。5点を取る試合もたまにはあるが、そう多くはない」と気を引き締める。

 現在3位の横浜Mは守備陣も高いラインを保ち、スピード感あふれる攻撃でゴールを量産している。福岡のサイドアタッカー北島は「攻撃力が高い(横浜)マリノスを抑え、いかにカウンターで仕留められるか」と一撃必殺の得点を狙う。

 福岡が横浜MからJ1リーグ戦で勝ったのは、わずか2度。最後の勝利は2001年までさかのぼる。「そういうことであれば、なおさら力が入る。新たな歴史の一ページをめくりたい」と長谷部監督は誓った。(向吉三郎)

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング