西武・山川一塁ベースに塩 初回に金子負傷、負傷者相次ぐ

西日本スポーツ

 ◆日本ハム5-3西武(20日、札幌ドーム)

 初回無死二塁、3試合連続で「2番左翼」で先発出場した金子が三塁線への見事なセーフティーバントを成功させたが、一塁ベースを踏んだ直後に右太ももの裏を押さえた。うずくまり、両脇を抱えられベンチ裏へ。代走の岸と交代し、札幌市内の病院に向かった。

 金子が負傷した直後の守備。山川が一塁ベースの付近で塩をまいた。山川は自身も昨年と今年の3月に札幌で負傷している。源田や森ら離脱者が続出。4連敗となった西武に苦境が続いている。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング