ソフトバンク武田が復活の打撃投手「結構いい感じ」 実戦復帰の見通しも

西日本スポーツ

 ソフトバンクの武田が20日、筑後のファーム施設で新型コロナウイルス感染から復帰後初めて打撃投手として登板した。打者のべ13人に対し42球を投じ、安打性の当たりは2本。カーブで空振りも奪い「自分の中でも結構いい感じだった」と手応えを感じていた。

 2月の春季キャンプ中に広背筋付着部炎と診断され、リハビリ組での調整を続け、4月20日の3軍戦で今年初めて実戦登板。その後、同28日に感染が発表された。24日からのウエスタン・オリックス戦での実戦復帰が見込まれる。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ