西武内海は5回途中3失点「空回りしてしまった」 立ち上がり悔やむ

西日本スポーツ

 ◆日本ハム-西武(21日、札幌ドーム)

 西武の先発内海は5回途中3失点で降板し、今季初勝利はならなかった。

 初回に好調な野村に右前適時打を浴び先制点を献上。2回は1死から石井に四球を与え、続く宇佐見には内角のスライダーを捉えられて右翼スタンドへ放り込まれる2ランを許した。巨人時代のチームメートでもある宇佐見には前回7日の対戦(ベルーナドーム)時にも一発を浴びていた。

 3、4回は無失点と立ち直ったが、5回は2死から清宮に二塁打を放たれ、ここで2番手の宮川にマウンドを譲った。

 内海は「初回から全開でいかなければいけないところ、きょうは空回りしてしまいました。終始相手のペースで試合が進んでしまいました」と立ち上がりを振り返った。

 その上で「前回登板と同じようにまた宇佐見にホームランを打たれてしまい、そこから何とかリズムとバランスを取り戻そうと、イニング間にもいろいろとやって中盤は何とかしのいだのですが、前半の3失点が痛かった」と振り返り、「チームでやろうとしていたことに水を差してしまって申し訳ない」と悔やんだ。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング