J1福岡「矛盾」対決制し21年ぶり横浜Mに勝利 試合前のロッカールームで決意

西日本スポーツ 向吉 三郎

 ◆明治安田生命J1第14節 福岡1-0横浜FM(21日、ベスト電器スタジアム)

 アビスパ福岡はホームで横浜Mに1-0で勝利した。後半13分、クルークスが決勝ゴールを決めた。横浜Mからの白星はJ1リーグ戦では2001年5月12日に1-0で破って以来、21年ぶりとなった。勝ち点18とし、9位に浮上した。

   ◇   ◇

 10分以上に及ぶ、長い長いロスタイム。待ちに待った終了のホイッスルに選手、サポーターの歓喜が爆発した。

 「アビスパのスタイルを貫いた結果が21年ぶりの勝利につながった」。黄金の左足で決勝点をネットに突き刺したクルークスが誇らしげに口にした。福岡がJ1リーグ戦で過去2度しか勝っていなかった横浜Mから、2001年以来の白星をつかみ取った。

 今季J1リーグ戦最多26得点の横浜Mの猛攻を耐えに耐えて迎えた後半13分、スローインから山岸、フアンマと頭でつないでクルークスが決めた。

 「(試合前の)ロッカールームで21年ぶりに勝とうという話をしていた」とクルークスが明かす。外国籍の選手も一緒に、同じ絵を描けることが長谷部アビスパの一番の強みだ。前節の川崎戦は逆にスローインから失点。長谷部監督は「反省より、もう一つ上のことができた。映像で振り返り、ミーティング、トレーニングで積み上げた結果」と狙っていた形の一つであることを明かした。

 横浜Mは終盤に退場者が出て10人になりながらも分厚い攻撃を仕掛けてきたが、今季のJ1リーグ戦最少9失点の強固な守備で得点を阻止。“矛盾”対決を制した。神懸かり的なセーブでピンチを防いだGK村上は「最後までみんなが体を張り続けてくれた」と仲間たちをたたえた。

 「今シーズンも何年ぶりだとか、初めてとか、そういう勝利を達成できるように」。長谷部監督が快進撃を予告した。(向吉三郎)

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング