【クローズアップ】北川〝らしく〟Vつかむ 【大村】

西日本スポーツ

 らしさ全開の優出だった。北川潤二(39)=愛知=は準優10R、進入から動いて3コースを奪取。1Mを握って回るとBSから猛烈に追いすがる板橋侑我を振り切り2着争いを制した。

 ここまでは決して楽な道のりではなかった。当地入り前の地元浜名湖でVを飾り、勢いをつけての参戦。手にした17号機も行き足が軽快で機力にも好感触だったが、5着発進の初日から白星は一つのみ。準優入りも17位と滑り込みに近い形だった。

 それでも今節は持ち前の果敢なコース取りを崩さず、予選ラストの前半も6枠から2コースに動いて2着で勝負駆けに望みをつないだ。「重いけど進んでいる。スリットの足はいい。一通りのことはやってバランスは取れている」と機力は上々。優勝戦は6号艇で迎えるが「コースは相手次第だけどダッシュは分からないので進入はスローから。見せ場をつくりたいですね」と姿勢は崩さない。いつものスタイルから最後はVをつかみ取ってみせる。 (古賀正史)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング