西武・外崎「自分が大事なポイント」 離脱者続出で思う覚悟と役割

西日本スポーツ 山田 孝人

 ◆日本ハム0-3西武(22日、札幌ドーム)

 外崎が期待通りの一打で5連敗中のチームに流れを呼び込んだ。初回1死満塁、金子の甘いスプリットをたたき、左翼フェンス直撃の先制打をマーク。「最近、状態があまりよくなく、いいイメージがわきづらかったが、何とか1本出てよかった」と、決勝点にもなった12打席ぶりの価値ある快音を喜んだ。

 離脱者が続出している中、実績のある外崎が好調な4番山川の前後を担うことが多い。「本当に(自分が)大事なポイントになってくる。強い気持ちをもっていきたい」。8回には犠打も決め、貴重な3点目となる栗山の適時二塁打をお膳立てするなど、ユーティリティーが存在感を示した。

 二遊間を組む18歳の滝沢ら、若手が多くスタメンに名を連ねる状況で、けん引する役割も求められる。「自分が経験をしてきたことを、試合中に声をかけたりして伝えるようにしている」と頼もしく先を見据えた。

 連敗ストップに成功し、心機一転して交流戦に臨む。辻監督は「けが人も多く苦労しているが、何とか踏ん張らないと。残り100試合も切ったからね」と一丸で挑む。(山田孝人)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング