J1福岡のゴールにフアちゃんの献身あり スペイン人FWのチーム愛

西日本スポーツ

 J1福岡のフアンマが23日、オンライン取材に応じ、リーグ戦今季初ゴールを誓った。昨季チームトップタイの5得点を挙げたFWは「チームに貢献するために常に準備している。もう少ししたらくると思っています」と25日のアウェー名古屋戦での“ゴールの予感”を口にした。

 本人はそう話すが、スペイン人FWのチームへの貢献は現状でも計り知れない。1-0で横浜Mから21年ぶりの勝利を挙げた前節はペナルティーエリア中央のボールをヘディングでクルークスに流し、決勝点をアシスト。相手守備陣2人を引き付けて決定力のある左足に託した冷静な判断が光った。「普段から意識しているプレー。フリーになっている彼に託した」と振り返った。

 クルークスは試合後のインタビューで真っ先にフアンマの名前を出して感謝。「ジョルディ(クルークス)が決めて素直にうれしかった。自分が点を取れなくても味方が点を取ってくれたら同じぐらいうれしい。このチームはみんな、そういう意識でプレーしている」とほほ笑んだ。

 今季は3月19日のアウェーG大阪戦でも右サイドのクルークスにヒールで流して得点をアシスト。さらに田中のヘッドでの得点も前で相手守備をひきつけた。さらに1-0で勝った4月29日のアウェー京都もクロスに反応した山岸の今季初得点の「つぶれ役」になった。

 今季の序盤はベンチスタートが続いたが、徐々に出場時間を延ばし、リーグ戦2試合連続スタメン出場中。「チャンスがきたときに(ゴールを)決めきるために普段のトレーニングをたくさんしている。それを磨き上げれば得点につながる」。その献身性やピッチ上でも喜怒哀楽を見せる人間味も人気で、サポーターから「フアちゃん」のニックネームで親しまれる31歳。次こそゴールでサポーターを笑顔にさせる。

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング