「ポスト甲斐」が昇格へ 4年目捕手渡辺、2軍戦の出塁率・455

西日本スポーツ

 ソフトバンクの4年目、渡辺陸捕手(21)が24日に初めて1軍に昇格する見通しとなった。代わって海野隆司捕手(24)が23日に出場選手登録を抹消された。

 渡辺は2019年に鹿児島・神村学園高から育成ドラフト1位で入団。昨季途中に支配下選手登録された。打力が持ち味の187センチ、84キロの大型捕手で、「ポスト甲斐」としての期待も集まっている。

 今季はここまでウエスタン・リーグでチーム最多36試合に出場し、リーグ2位の打率3割1分8厘、2本塁打、14打点。出塁率は同1位の4割5分5厘を記録している。藤本監督も「今、状態がいいのは渡辺陸。交流戦が始まればひょっとしたら入れ替えがあるかもしれない」と名指しで期待を寄せていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ