工藤公康前監督「最近の内野は硬い」三森の“走塁ミス”を優しくかばう

西日本スポーツ

 ◆DeNA4-3ソフトバンク(24日、横浜スタジアム)

 ソフトバンク前監督の工藤公康氏が、若手の痛い“ミス”を優しくかばった。

 同点の5回無死一塁。今宮の打席でベンチはヒットエンドランを仕掛けた。今宮はの打球は一、二塁間深くへの二ゴロ。スタートを切っていた三森は、二塁ベース手前でセカンド牧の捕球体勢を確認すると、一気に二塁を蹴り三塁を狙った。

 一塁手からの素早い送球が送られたものの、タイミングはセーフだったが、三森のヘッドスライディングの勢いは止まらず、ベースが手から体、足まで通過する形になってアウト。懸命に左足を伸ばしたが、届かず、勝ち越しのチャンスをつぶす形になってしまった。

 このプレーに、この日、横浜スタジアムでテレビ解説を行った工藤氏は「最近の内野(の土)はすごく硬いんですよ。だからスライディングは意外といっちゃう。スピードのある選手は余計にですね」と、現役時代には3年間を過ごした横浜スタジアムの特徴も踏まえて、若手の思いきったプレーによっての“ミス”をかばっていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ