藤本監督が苦言「あれぐらいは捕手が」 甲斐が決勝パスボール

西日本スポーツ

 ◆DeNA4-3ソフトバンク(24日、横浜スタジアム)

 ソフトバンクが交流戦を黒星発進となった。

 同点8回。2死二、三塁から又吉の高めに抜けた直球を捕手の甲斐が捕逸。これが決勝点となった。

 試合後、藤本監督は「パスボールも抜けた(球)かもしれんけど、あれぐらいは捕手が取ってやらないといけない」と指摘。というのも、打撃不振の甲斐を開幕から全試合スタメン起用しているのは、守備力への期待からだった。

 試合前、「甲斐が打てなくてもスタメンでかぶれるのは、ディフェンスは日本一だからね。千賀のフォークをあれだけ止める捕手はいないですよ。それぐらい1軍のピッチャーの球をディフェンスすることは難しいことであって」と話していた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ