「何とか食らいついて」西武・滝沢の快進撃続く

西日本スポーツ

 ◆中日5-8西武(24日、バンテリンドームナゴヤ)

 ルーキーの滝沢が交流戦初打席で安打を放った。

 初回1死。小笠原の外角真っすぐを捉えて左前へ運び、先制の起点となった。球団の高卒新人で、交流戦の初打席で安打を放ったのは初。5試合連続安打ともした18歳は「初回の打席はタイミングが取れていなくて追い込まれたが、何とか食らいついて、結果的に安打になってよかったです」と快進撃を継続中だ。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング