甲斐のパスボールが決勝点 「スタメンで使っているのは…」藤本監督の信頼と苦言

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆DeNA4-3ソフトバンク(24日、横浜スタジアム)

 終盤のピンチで痛恨のバッテリーミスが出た…。ソフトバンクは初回に幸先よく2点を先制したが、同点の8回2死二、三塁、又吉の球が抜け、甲斐が捕逸して決勝点を献上。逆転負けで、交流戦は2年連続黒星発進となった。昨年は交流戦開幕3連戦、敵地でのDeNA戦ともに2敗1分け。イヤ~な記憶が思い出される惜敗だが、ここはしっかり切り替えよう。東浜よ、打線よ、頼むぞ!

   ◇   ◇

 12球団最多の8度の最高勝率を誇る得意の交流戦は2年続けて黒星で船出した。初回に幸先よく2点を先制しながらの逆転負け。ミスも連発し、決勝点は甲斐の捕逸で献上した。藤本監督は「ミスがね。最後パスボールで、全部ミスで点を取られている」と厳しく指摘した。

 同点の8回。セットアッパーの又吉が1死からソトに不運な右翼ポテン安打を浴びた。2死となって柴田の右翼線二塁打で二、三塁とされ、打席には4回に石川から一時同点打を放った嶺井。その3球目、高めに抜けた真っすぐを甲斐がミットに当てて、後逸した。三走ソトに決勝の生還を許した。指揮官は「抜けた(球)かもしれんけど、あれぐらいは捕手が捕ってやらないといけない。ミスでの負けです」と言い切った。

 甲斐の守備力を信頼するからこその苦言だ。打率1割7分9厘でも、全試合スタメンマスクを託している。藤本監督は「打てなくてもスタメンで(マスクを)かぶれるのは、ディフェンスが日本一だからね。千賀のフォークをあれだけ止められる捕手はいない」と説明。くしくも、横浜は甲斐にとって東京五輪で正捕手として世界一に輝いた地。栄光を味わったスタジアムで“決勝”のミスを犯してしまった。

 その前もミスは相次いでいた。1点リードの4回の守備。無死一塁からソトの投ゴロを石川が二塁に送球したがわずかにそれた。一塁での併殺を取り損ね、残った走者が同点の生還を果たした。攻撃でも5回に三森が今宮の二ゴロでの隙を突き、一塁から一気に三塁を狙ったが、ヘッドスライディングでオーバーランしてアウト。チャンスの芽を自ら摘んだ。

 攻守でミスが飛び出しては、白星が遠ざかるのは当然。藤本監督は「試合前(森)ヘッドが無駄なミスはやめましょう。エラーはつきものだけど、できることはしっかりやろうと(言った)」。注意喚起もむなしく、流れを手放した。

 リーグ内の対戦がなく、勝ち負け次第では順位も大きく動く交流戦。ペナントの行方も左右してきた。指揮官は「切り替えて、また明日行きましょう」と前を向く。それでも、わずか3週間の交流戦で出遅れは許されない。(小畑大悟)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ