ソフトバンク、DeNAにカード負け越し ベテラン松田が満塁で2度凡退 投手陣も踏ん張れず

西日本スポーツ

 ◆DeNA5-1ソフトバンク(26日、横浜スタジアム)

 ソフトバンクは先発の杉山が5回3失点でKOされるなど投手陣が失点を重ね、攻撃陣も拙攻続きで交流戦最初のカードを1勝2敗と負け越した。DeNAには昨年の2敗1分けに続くカード負け越しとなった。

 ソフトバンクは初回に2番の野村勇がDeNA先発の浜口から4号ソロを放って1点を先制。なお安打と2四球で1死満塁としたが、松田が一邪飛、柳町が二ゴロに倒れ、追加点を奪えなかった。

 先発の杉山は中盤にDeNA打線につかまった。4回に牧に同点ソロを浴びると、関根の犠飛で1点を勝ち越された。5回にも佐野のソロで1点を失った。

 攻撃陣は5回1死二、三塁で、グラシアルの二塁へのゴロで三塁走者の三森がヘッドスライディングで本塁突入して憤死。ベンチはリクエストを要求したが、判定は覆らなかった。続く中村晃が四球を選んで満塁としたが、松田が三ゴロに倒れた。

 6回には2番手の高橋礼が2失点して、リードを広げられた。攻撃陣も浜口から初回の1点しか奪えず、6回以降はDeNAの投手リレーの前に沈黙。杉山は今季2敗目を喫した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ