12残塁で負け越し発進 藤本監督「初回の攻撃が全て」拙攻でDeNA浜口を“アシスト”

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆DeNA5-1ソフトバンク(26日、横浜スタジアム)

 3試合連続で初回に先制し、何度もチャンスをつくったソフトバンクが、ずるずると沼地にはまるように拙攻を繰り返した。前日25日に11試合ぶりの2桁安打を放って、息を吹き返したはずの打線は八つの四球を得ながらもあと一本が出ず、残塁も12を数えた。交流戦は1勝2敗の負け越しスタート。パ・リーグ首位の楽天とのゲーム差も2・5に広がった。

   ◇   ◇

 いちるの望みをかけた9回の攻撃も無得点に終わった。野村勇の先制ソロの「スミ1」に終わり、逆転負け。得意の交流戦はセ・リーグのBクラスに沈むDeNAに対し、負け越し発進を強いられた。藤本監督は「初回の攻撃が全てですね。今日は」と吐き捨てるように言った。

 初回1死から野村勇が左翼越えソロ。3試合連続初回先制と絶好のスタートを切ると、さらに単打と2四球で1死満塁とした。一気に畳みかけたい場面で2試合ぶり先発の松田は一邪飛。柳町も二ゴロに倒れ、立ち上がりに苦しむ浜口を“アシスト”してしまった。

 藤本監督は「浜口があっぷあっぷしているところでもう少し点が取れていたらその流れでいけたんじゃないか。結局、本塁打1本で終わってしまったので、浜口を5回まで投げさせてしまった。あと一本というところがね。もっともっと何とかしてほしかったね」と矢継ぎ早に拙攻を嘆いた。

 1点を追う5回には微妙な判定に泣いた。1死二、三塁からグラシアルが二塁へのゴロを放つと、三走三森が本塁突入。際どいタイミングのヘッドスライディングはアウトの判定を受け、ベンチはリクエストを要求した。三森の左手がタッチより先にホームベースに触れているようにも見えたが、長いリプレー検証の末、判定は覆らず。その後、2死満塁では松田が三ゴロに終わった。指揮官は「打てる打てないは水物だから。初回の攻撃が全てですよ」と「初回」を繰り返した。

 12残塁と攻めきれず、カード負け越し。短期決戦での出遅れは致命傷となり、過去16度の交流戦で負け越しスタートから優勝(勝率1位を含む)したのは3度のみでV率約19%と低い。8度制した交流戦得意のソフトバンクも2013年の1度のみだ。藤本監督は「1勝2敗だから(次カードで)2勝1敗にしたら取り返せるんだから」と前を向いた。

 27日からは本拠地に戻って、広島と戦う。通常のDH制に戻り、腰を据えて戦える。指揮官は「デスパイネも状態がいいしね。何とか点を取らないと勝てないから。帰ってから頑張りましょう」と強調した。首位楽天とは再び2・5差。得意の交流戦で足踏みしてはいられない。(小畑大悟)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ