レイー甲斐が呼んだ快勝/池田親興

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク7-0広島(27日、ペイペイドーム)

【西日本スポーツ評論家・池田親興の視点】

 投打がかみ合っての快勝は、バッテリーが呼び込んだと言える。中継ぎでの再調整から4試合ぶりの先発復帰となったレイは7回無失点。開幕から調子が上がらず2軍での再調整の選択肢もあった中、本人の意思もあり救援で状態を戻すことになったと聞く。勝ちゲームや僅差のリードなど、緊張感のある中で中継ぎを経験したことが本来の彼の輝きを取り戻すことにつながったのではないか。

 投手にとって最も難しい試合の「入り」の部分で、自分本来のものをつかんだのだろう。初回はすべて151キロのツーシームで三者凡退。立ち上がりをスムーズに滑り出し、その後も6回までは得点圏にすら走者を進めなかった。レイの投球の良さを最大限に引き出したのは甲斐のリード。早いカウントから打ってくる広島打線をよく研究していることが伝わってくる素晴らしい配球だった。

 レイが与えた四球は一つだけで、回の先頭打者に出塁を許したのは1度。バッテリーがつくったリズムが、初回に3得点するなど相手エース大瀬良を攻略した打線に好影響を与えた。藤井も古巣相手に2回を無失点。グラシアルにもアーチが出て今季初スタメンの周東も2安打と、次へとつながる勝利だった。(西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ