渡辺陸が広島森下から衝撃の2打席連発 プロ初スタメンで初安打は3ラン

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-広島(28日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの渡辺陸捕手(21)が、衝撃の2打席連発をマークした。

 まずは1点リードの2回1死一、二塁、広島の先発森下のシンカーを強振すると、打球は左中間テラス席に飛び込んだ。「先制を許してしまい、打撃で取り返そうという気持ちで、しっかり自分のスイングをしようと心掛けました。スタメンで起用していただいた中で、まずホ-ムランという最高の結果で応えることができて良かったです。初のヒットがホームランで素直にうれしいです」とコメントした。

 プロ初安打が本塁打となったのは球団では昨年6月19日の日本ハム戦(ペイペイドーム)での谷川原以来。育成出身の渡辺は4年目の今季、24日にプロ初昇格し、この日プロ初スタメンで衝撃の一発となった。

 続く4回1死での第2打席でも、カウント3ボール1ストライクから森下の外角直球を強振。打球を再び左中間テラス席へたたき込み、2打席連続の2号ソロで貴重な追加点を奪った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ