ソフトバンク牧原大、2戦連発の3号ソロ

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-広島(29日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの牧原大成内野手(29)が2戦連発となる3号ソロを放った。

 3回2死、広島の先発アンダーソンの初球チェンジアップを強振すると、打球は右中間スタンドに飛び込んだ。

 28日にも森下から同じく右中間スタンドへの本塁打を放っており、連日の一発となった。牧原大は「打ったのはチェンジアップです。初対戦の情報が少ないピッチャーなので、とにかく積極的にスイングを仕かけようと思って打席に入りました。和田さんがテンポよく抑えている中で、早めに援護することができて良かったです」とコメントした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ