ソフトバンク三森、21打席ぶり安打は6号2ラン

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-広島(29日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクの三森大貴内野手(23)が21打席ぶりの安打となる6号2ランを放った。

 4回2死一塁、広島の先発アンダーソンの初球真っすぐをフルスイング。高々と上がった打球は右翼ポール際へとび込んだ。「得点を重ねていい流れの中で打席に入ることができました。いいタイミングでいいスイングで捉えることができたと思います」とコメントした。

 25日のDeNA戦の3打席目から連続無安打が続いていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ