9回追い上げも届かず JR九州、3年ぶりの本大会出場ならず 都市対抗野球・九州地区予選

西日本スポーツ

 社会人野球の都市対抗野球大会(7月18日開幕、東京ドーム)の九州地区予選は4日、熊本市のリブワーク藤崎台球場で第2代表決定戦があり、宮崎梅田学園(宮崎市)がJR九州(北九州市)に6-5で逆転勝利し、3年ぶり2度目の本大会出場を決めた。

  第1代表決定戦から2連敗となったJR九州は3年ぶりの本大会出場を果たせなかった。9回2死から3番山田の適時打で1点差まで追い上げたが逆転はできなかった。4投手をつないだが敗者復活を勝ち上がった相手打線を止めることはできず「早めの投手交代をしようと思っていたけど、相手は勢いがあった」と野中監督は悔しさをにじませた。「選手が力をつけているのは間違いないので、秋に雪辱したい」と日本選手権予選でのリベンジを誓った。

PR

社会人野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング