3年ぶり満員!「タカガール」の視線を集めたのは…熊本生まれのツバメの4番

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆ソフトバンク4-7ヤクルト(11日、ペイペイドーム)

 今季初開催の「タカガール〓デー」で、ソフトバンクがヤクルトの主砲・村上に主役を奪われた。本拠地では3年ぶりの「満員御礼」となった一戦で、1点リードの6回に逆転満塁弾を浴びた。目の前で交流戦の優勝を決められると、パ・リーグでも楽天と入れ替わって2位に転落。交流戦は残り1試合。最後に意地を見せたい。

   ◇   ◇

 球場をピンクに染めた「タカガール」の視線を集めたのは熊本生まれのツバメの4番だった。1点リードの6回2死満塁。嘉弥真が村上に逆転のグランドスラムを浴び、3年ぶりに「満員御礼」となった本拠地が静まり返った。

 10日のカード初戦ではエース千賀の157キロを逆方向の左翼席まで運ばれた。試合前、藤本監督は「村上は注意より警戒。最高レベル(の警戒)やね。あの球を逆方向に本塁打するから絶好調。攻めての四球はOK」と徹底マークを指示したはずだった。

 3点リードの5回。無死一塁から先発の大関が村上に左翼テラス席に運ばれた。藤本監督は「大関が5回で100球以上投げてしまった。もうちょっと引っ張ってもらいたかったけど」と悔やんだ。大関を5回であきらめ、捕手の渡辺とともにバッテリーごと交代。甲斐にマスクを託し、6回は津森を投入した。

 その津森が1死から3連打で満塁のピンチを招いた。山田を空振り三振に仕留めると、嘉弥真にスイッチ。今季は被弾0だった左腕を送り出したが、フルカウントから低めのスライダーを完璧に捉えられた。指揮官は「勝ちパターンで打たれたんだから、村上君がすごいんでしょう」とたたえるしかなかった。

 大関と渡辺のバッテリーを津森、甲斐に代えての逆転負けは、4日の中日戦(バンテリンドームナゴヤ)と同じパターンとなった。悪夢の再現に、藤本監督は「それはたまたま。津森がどうのこうのではなく、こっちが勝負を懸けている。僕が悪いんじゃないですか」と強い口調で言い放った。

 ヤクルトが交流戦優勝の喜びを分かち合う中、普段は丁寧に取材に答える指揮官も「(津森は)全然問題ない。不安があったらあそこで使わない。勝ちパターンで使っているので全部、私が悪い。以上」と試合後の会見を就任後最短の1分20秒で自ら切り上げた。

 ヤクルトに3連敗した昨年の交流戦でも村上に2発を浴びた。今季も2試合で3被弾と主砲のバットを止められず、黒星を重ねた。リーグでも首位から陥落し、12日が交流戦ラストゲーム。さらに警戒レベルの上がった村上を封じ込めなければ、白星は見えない。(小畑大悟)

 ◆満員御礼 ソフトバンクは11日のヤクルト戦(ペイペイドーム)で3万8683人の観客を集め、今季初の満員御礼となったと発表した。主催試合では2019年9月21日の日本ハム戦以来。

※〓はハートマーク

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ