陸上・広中璃梨佳が田中希実に感謝 「怖いものなし」の東京五輪「超えられるように」

西日本スポーツ

 陸上の世界選手権(7月15日開幕・米オレゴン州)代表に決まった広中璃梨佳(日本郵政グループ)と田中希実(豊田自動織機)らが13日、大阪市内で記者会見に臨んだ。昨夏の東京五輪に続いて女子1万メートルと5000メートルの2種目に挑戦する広中は「あのときの自分を超えられるような走りができたら」と初の世界選手権へ意気込んだ。

 広中は同五輪で1万メートルで7位に入賞し、5000メートルは14分52秒84の日本新記録で9位。「怖いものなしで積極的に挑んだ。今回も自分らしさを忘れず挑む」と集団を引っ張る積極的なレースを心がける。田中にスパート勝負で敗れた12日の日本選手権5000メートルを教訓に、米国での高地合宿でスピードを磨く予定だ。

 同選手権で3種目に挑み、1500メートルと5000メートルで代表入りした田中は「(世界選手権は)自信を持って楽しむ」と宣言。広中は「多種目で活躍する姿に私も頑張ろうと思える」とライバルの存在に感謝した。(末継智章)

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング