世界選手権8強の日本代表を獲得へ MVP経験ある23歳の加藤美優 卓球の九州アスティーダ

西日本スポーツ

 卓球のTリーグ女子の九州アスティーダが、日本代表で活躍する加藤美優(23)を獲得することが分かった。近日中に発表される。

 加藤は東京都出身。小学生時代から全国大会で活躍し、1学年下の早田ひな平野美宇伊藤美誠らと競い合ってきた。2019年世界選手権に出場してシングルスでベスト8入りした実績がある。Tリーグでは日本ペイントに所属し、20~21年シーズンの後期のMVPに選ばれた。

 九州アスティーダは参入初年度の昨季、5チームで行うリーグ戦で3位となり、プレーオフに出場した。主力としてチームを引っ張った佐藤瞳、橋本帆乃香が、ともに日本ペイントに移籍することが決まり、チームは新シーズンに向けて新戦力の獲得を目指していた。

 Tリーグは今秋開幕予定。女子は新シーズンから京都が参入し、6チームで争われる。川面創監督は「開幕からいいスタートが切れるように、しっかり準備したい」と話している。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング