優勝候補・神村学園とノーシード鹿児島実が初戦で激突 高校野球鹿児島大会組み合わせ決定

西日本スポーツ

 第104回全国高校野球選手権(8月6日開幕予定・甲子園)の鹿児島大会の組み合わせ抽選会が18日、鹿児島市内で行われた。春の九州大会を制した神村学園はノーシードの鹿児島実と初戦で対戦する。64チームが出場して7月2日に開幕、決勝は同24日に同市の平和リース球場で行われる予定。

 【展望】 今春の九州大会4試合で36得点と圧倒的な攻撃力で優勝した神村学園が一歩リードしている。対抗はNHK旗で神村学園に逆転勝利で優勝した鹿児島城西や、選抜大会に出場した大島。大島はプロ注目の左腕エース大野稼頭央(3年)の投球が鍵を握る。技巧派左腕の安藤奈々利(3年)を要する国分中央、2年連続出場を狙う樟南も優勝争いに加わりそうだ。鹿児島実やれいめい、鹿屋中央などの実力校がノーシードとなり、波乱の展開も予想される。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング