ソフトバンクの育成ルーキー井崎が新型コロナ陽性 3軍の3選手とリハビリ組の1選手は自主隔離

西日本スポーツ

 ソフトバンクは24日、育成1年目の井崎燦志郎投手(18)が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。

 球団によると22日に咽頭痛とせきの症状があり、スクリーニング検査で陽性疑いとなった。23日には37・6度の発熱があり、PCR検査で陽性判定を受けた。濃厚接触者と判定される恐れのある3軍選手3人とリハビリ組選手1人は自主隔離する。

 24日からのヤマエ久野九州アジアリーグの北九州との3軍戦は、他の3軍のスタッフと選手に体調不良者がいないことから予定通り実施。2軍も濃厚接触者と判定される恐れのある選手およびスタッフがいないため、予定通りチーム活動を継続する。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ