西武辻監督 3打点&好守の川越を大絶賛「本当にチームを助けてくれた」

西日本スポーツ

 ◆楽天3-4西武(24日、楽天生命パーク宮城)

 西武の辻監督が、1号ソロを含む2安打3打点に加えて、好守も披露した7年目の川越を高く評価した。

 「2番右翼」でスタメン出場した川越は、2点を追う3回2死一、二塁で楽天先発の田中将から同点2点二塁打。6回は同じく田中将から右翼席へ1号ソロをマーク。自身も「打った瞬間にいったと思いました」と振り返る確信の一打。相手右翼手も動かない客席の中段で弾む完璧な当たりだった。

 1点リードの6回2死二塁の守りでも存在感を示した。本田が島内に右前打を浴びたものの、右翼川越が強烈なバックホーム。二走の俊足西川とのクロスプレーは微妙なタイミングだったが、リクエストの末に判定がひっくり返って、1点差を死守した。

 辻監督は「川越はずっと(状態が)いいからあそこで使っているわけだから。昨年は(バットを)ぶんぶん振っていたけど、追い込まれたらコンパクトに打つということを心がけて、選球眼も非常に良くなってきた」とうなずくように、3回の2点二塁打は追い込まれてからの一打だった。その上で「きょうのあいつの活躍、3打点は大きかった。守備でも本当にチームを助けてくれた」とたたえていた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング