小川リラックス

西日本スポーツ

 小川賢人が、少しだけ気楽に地元記念を走る。「いつも気合が入り過ぎて空回りしてしまう。大会2カ月前にあっせんが入るとすぐに、気持ちが高ぶってしまうんです」。だが今回は、「予備からの繰り上がりなんですよ。ですから少しは自然体で臨めます」と温和な笑顔を見せた。「北津留さんの番手は初めて。最近は番手回りも増えて展開に左右されてしまうが、チャンスが来たときには1着も取れている」。肩の力を抜いて、差し切りの白星発進を狙う。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング