腰痛乗り越えた春日のエース兼主将飯田 高校野球福岡大会組み合わせ決定

西日本スポーツ

 第104回全国高校野球選手権(8月6日開幕、甲子園)福岡大会の組み合わせ抽選会が24日、福岡県古賀市で行われた。136チームが参加して7月3日に開幕し、決勝は同28日に北九州市民球場で行われる予定。今春の選抜大会8強の九州国際大付、昨夏代表の西日本短大付などが優勝候補に挙がる中、5年ぶり7度目の選手権出場を目指す東筑の左腕エース高崎陽登(3年)の注目度が急上昇中。最速146キロを誇る身長186センチの大型左腕だ。同じ公立進学校の春日も好左腕の飯田泰成(同)を擁し、同校初の甲子園出場を狙う。

   ◇   ◇

 昨夏からエースナンバーを背負う飯田が「復活の夏」を迎える。昨秋自己最速の139キロをマーク。現チームで主将も任され、さらなる成長が期待されていたが、3月に腰椎分離症と診断された。約2カ月間安静が必要となり、体育の授業も見学するほどだった。5月に入りようやく練習試合に登板できるようになり、短いイニングから登板するようになった。「今はもう腰は全く気にせず投げられる」と調子も上がってきた。

 父の信吾さんは北九州市の星琳の野球部監督。小さい頃から父に指導を受けてきた。6月中旬には父が指揮するチームとの練習試合で先発。球速は自己最速タイを出して1失点で完投。父の前で完全復活を遂げ、あとは夏に備えるだけだ。「力感なく軽く投げる感じでいい球がいくようになった」と八塚監督は飯田の成長を認める。

 選抜大会8強に導いた九州国際大付のエース香西や東筑の高崎らサウスポーが注目される今年の福岡大会。飯田は「夏は140キロを出したい。チームの目標は甲子園なので主将として引っ張っていきたい」とラストサマーの活躍を誓った。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング