高校野球宮崎大会組み合わせ決定 日章学園、小林西が軸

西日本スポーツ

 第104回全国高校野球選手権(8月6日開幕予定・甲子園)の宮崎大会の組み合わせ抽選会が24日、宮崎市内で行われた。47チームが出場して7月9日に開幕。決勝は同26日に同市のひなたサンマリンスタジアム宮崎で行われる予定。

 【展望】 春の九州大会に出場した日章学園と小林西がリードする。日章学園は持ち味の攻撃力で打ち勝つ野球を目指す。小林西は左右のタイプの違う投手がそろい投手力が充実している。日南学園は宮崎県選手権を制し、上り調子で投打ともに力のある選手がそろう。富島のエース日高暖己(3年)は最速148キロのプロ注目の本格派右腕だ。2年連続の出場を狙う宮崎商は右腕、長友稜太(3年)に注目。春の県大会を制した宮崎学園や延岡学園、聖心ウルスラ学園も優勝を狙う。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング