津森「何とかチームの力に」名誉挽回の緊急登板

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5-1日本ハム(24日、ペイペイドーム)

 中継ぎの津森がスクランブル登板でも相手に流れを渡さなかった。5回まで1失点の千賀が、6回の投球練習中に異変を訴え、緊急降板。代わってマウンドに上がった津森は、2四球こそ与えたものの、2死一、二塁のピンチで打率両リーグトップの4番松本剛を遊ゴロに打ち取って、無失点でしのいだ。「ふがいない投球が続いていたので何とかチームの力になりたかった」。6月は当初防御率0点台だったが、2連敗も経験。名誉挽回のリリーフにもなった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ